--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.11/30(Mon)

カツオノエボシの思い出 

ここ数日、南寄り風が吹いているのでいつもは沖合いを漂っているカツオノエボシが大量にラウラウビーチに漂着しているとの情報です。
カツオノエボシというのは青くてなが~い触手を持つクラゲのような生物で(正式にはクラゲではなくヒドロ虫だそうです)刺されると激痛です!(刺されたら時の対処法などWikipediaに詳しく出ていますよ。ぜひ一度は目を通しておくといいと思います。)
今日はリフレッシュダイブで2ダイブをラウラウビーチで潜ってきた豊チームでしたが誰も刺されることなく無事に終わったそうでホッと。


カツオノエボシといえば忘れたくても忘れられない思い出が。
もう10年近く前のことですが、その時もラウラウビーチにカツオノエボシが流れ着いていたのです。講習だった私はお客さんの人数を確認するために後ろを見ながら水面移動。と、首に激痛が!!
やられました、カツオノエボシ。


フードで首もガードして完全防備で臨んだ次の日。エントリー直前。「はい、レギュレーターくわえて潜降しましょー」と同時に唇と口の中に激痛!!カツオノエボシの触手がマウスピースに絡まっていました。。


上記Wikiによれば『二度目に刺されるとアナフィラキシー(アレルギー反応の一種)を起こし、ショック死する危険がある。』とのこと。。


ヒィーー!まだ大丈夫!生きています!次は無理かな(笑)

スポンサーサイト
【編集】 |  21:45 |  ダイビング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。